2014年11月24日

アベノミクス解散と消費税

アベノミクス解散で世間がさわいでいます。
そもそも消費税の増税延期は、当然のことです。
前回の増税で景気はがたがたになりました。
その失敗から学ぶなら、延期があたりまえです。
財務省のしかけた消費税増税圧力に安倍首相は抵抗し、
アベノミクス解散となったのです。



posted by 西田 at 19:30| 消費税

2014年11月22日

解散総選挙には大義がないのか?

安倍晋三首相を今こそ、滅ぼそうと、朝日新聞の
ネガティブキャンペーンがさかんです。
おもしろいことにほかのメディアでも、この流れに
のっかって、同じように大義なき解散だと国民に
印象操作をくりひろげています。
消費税の増税を一年半延期するという安倍首相に対し、
消費税を再増税したい財務省やその配下の自民議員は、
安倍首相の足をひっぱろうとしています。



朝日新聞と私の40年戦争 [ 渡部昇一 ]

朝日新聞と私の40年戦争 [ 渡部昇一 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

posted by 西田 at 18:49| 西田昌司 動画

2014年11月01日

アベノミクスの検証、財政再建の前にデフレ脱却



アベノミクスの検証について、西田昌司さんは、
財政再建の前にデフレ脱却が先決であると主張しています。

しかし、そもそも財政再建という考え方は正しいのでしょうか。
これは財政均衡論と呼ばれる考え方であって、
財政赤字はいけないという観念にとらわれた見方です。

三橋貴明さんや藤井聡さんは、財政均衡論は無意味だと
はっきりと指摘されています。
財政均衡論の呪縛にとらわれる限り、景気回復はできません。

建設国債をもとに毎年二十兆円規模の財政出動をして、
老朽化した道路網を再生し、再整備し、新幹線網を
国内に張り巡らせることで、生産性が向上するのです。

これが経済の回復をもたらすのです。
こんな状況で増税していては、景気はますます低迷するのです。

posted by 西田 at 00:26| 西田昌司 動画