2013年11月25日

インテリジェンスと占領憲法




NSC法案を成立させることは、日本がふつうの国家になる
ための必須の道です。
スパイ防止ができない唯一の先進国である日本は、


いま、中国や韓国や北朝鮮やロシアにより、
蹂躙され続けています。


秘密保護法案を阻止しようとする者たちは、
左翼勢力であり、護憲派とは、日本国をいつまでも惰弱な
状態にして、中韓ロに利する状態にしようとする連中です。


日本国憲法は、速やかに廃止しないと、
日本は中韓ロに早晩、侵略されることになります。


日本国憲法とはアメリカに強要されたものであり、
防衛力を無力化させるものです。
占領憲法と呼ばれる、この日本国憲法をすぐに廃止し、
無効化しないと日本は守れません。


西田昌司さんの最新刊を一人でも多くの日本人が
読むことで、このことが広く理解されていくことでしょう。

タグ:西田昌司
posted by 西田 at 20:12| 西田昌司 動画