2012年11月20日

西田昌司×藤井聡の維新を斬る

週刊西田「西田昌司×藤井聡の維新を斬る!VOL.4」




教育の使命とは、美徳ある生き方をしようという「崇高な本能」
を育てることであり、これが大学でも小学校でも教員の使命である。

人間には動物的な本能もあれば「世のため人のために生きる」という
崇高な本能がある。

そこにある人格を陶冶する学問の意味である。
仕事や職業も人格を陶冶するための媒介である。

政治もまた人格陶冶により徳高き人となることで政治が成る。
しかるに政治家の人格は関係ないとか、政策がすべてとかいう橋下維新。
いかに異様な存在かわかる。

橋下氏は自らの著書で、政治家は名誉欲や権力欲や私欲で動いているものだと
断言している。
そんな人物に政治をまかせて本当に良いのか。

posted by 西田 at 16:39| 西田昌司 動画

石原新党・たち日は、自民党に合流すべき

西田昌司「石原新党・たち日は、自民党に合流すべきだ。」





平沼赳夫さんの政治思想は、西田昌司さんに非常に近いものであり、
本来は、自民党と合流すべきものであると思います。


にもかかわらず、まったく方向性の違う、つまり歴史観、国家観が
おかしな維新の会と合流するのはおかしな話です。


何でも今の制度をこわしていく維新の会の改革思想は、日本を破壊するものです。
制度をこわすよりも、先にするべきことは、戦後体制からの脱却であり、
憲法改正あるいは憲法破棄から始まるべきなのです。


維新を中心とした小党の合併は、
その意味で第三極になることはないと考えられます。
タグ:西田昌司
posted by 西田 at 15:24| 西田昌司 動画

2012年11月12日

民主党の延命は日本国に対する特別背任

【西田昌司】民主党の延命は、日本国に対する特別背任である[桜H24/11/9]




民主党内に野田内閣を総辞職させて終わり、
来年も任期のあるかぎり、民主党政権を温存させて、
ぎりぎりまで延命させようと、たくらんでいる一団があります。


民主党はマニフェストをすべて詐欺師のごとく無視したのですから、
そっこく解散して、総選挙を行うべきです。


民主党に予算編成をする能力はありません。
このままでは日本の景気がどんどん悪化します。


今いちばんすべきことは経済対策です。
予算編成でしっかりと景気対策をしなければいけないのに、
民主党が解散をしないので、どんどん景気が悪化します。


野田さんがやけっぱちになってTPPをごり押ししようとしています。
民主党内でも反対がたくさんいるのにナンセンスもいいところです。


TPPは関税自主権を日本が失う条約であり、
明治時代の不平等条約に逆戻りするものです。
絶対に阻止しなければなりません。
年内解散をおしすすめて国を今こそ立て直すことが大切です。

posted by 西田 at 18:08| 西田昌司 動画